商品スペックの見方・選び方をわかりやすく紹介!

サポート総合案内
この記事は約11分で読めます。

パソコンショップ PC WRAPです。
「パソコンを買おう!」と思って商品ページを見るとこんな事を思われた事はありませんか?

商品名はわかるんだけどスペックの見方がわからないよ…

高ければ高い程何でも出来るって事なのかしら?

スペックの見方や使用用途に見合った商品なのかわからないので
購入の決心がつかない…」という方も多いかと思います。
実はスペックを理解するのそんなに難しくないんです
要所を押さえておけば、自ずと自分に必要なスペックの商品は絞られてきます。
今回は購入時に知っておきたい「スペックの読み方やチェックポイント」を解説しますね。

スペックとは?

パソコンを選ぶ時は価格だけでなく、スペックをしっかり理解して購入する事をお勧めします。
最近では一般用語としても使われるようになってきた「スペック」ですが、
日本語だと「仕様」などと訳されます。
パソコンでいうスペックとは一般的に「CPU」・「メモリ」・「ストレージ容量」等を指します。
家電量販店様でパソコンをご覧いただいた際CPUやメモリなどと言った単語を
一度は耳にしたことがある方もおられるのではないでしょうか。

スペック・仕様について解説

商品画像をクリックいただくと、【メーカー・商品名・販売価格・簡易スペック】等が表示され
更にページを下部へスクロールいただくとより詳細なスペックや状態等をご確認いただけます。


上記は記事作成時点の情報となり、完売や商品情報が異なる場合もございます。

▽この商品の特徴について
搭載CPUの種類やOSの種類などの特徴を記載しています。


▽スペック・仕様について

商品番号、搭載CPUやメモリ・ストレージ容量等を記載しています。

・商品番号
商品毎に設定している商品管理番号となります。
お問い合わせ時は商品番号をお伝えください。

・CPU
パソコンの“頭脳”や、“心臓部”といわれているCPU。
ここの性能が良い程、複雑な処理を効率良くこなせます。

グレード 用途
Celeron, Pentium 事務作業、ネットサーフィン
Core i3, Ryzen 3 ブラウザゲーム、軽い画像編集、ビデオ会議
Core i5, Ryzen 5 ゲーム、作曲、画像・軽い動画編集
Core i7, Ryzen 7 高負荷なゲーム、動画編集等 殆どの事が出来る
Core i9,Ryzen 9 殆どの事が出来る(処理能力が非常に高い)
Xeon,Threadripper サーバー用 通常用途としては向かない

上記はあくまで目安となり「メモリ・ストレージ容量、CPUの世代、使用状況等」によって異なります。
ゲームや動画編集時はグラフィックボートの性能にも依存します。
(詳細は後述するグラフィックボードについてを参照ください)

・参考記事

CPUってどんなパーツ?
CPUは、パソコンの“頭脳”や、“心臓部”といわれています。それほど重要なパーツだという事です。膨大なデータを瞬時に計算処理する機能をもっていて、CPUの性能こそがパソコンの性能を決めているともいえます。

・メモリ(RAM)
一時的な記録スペースとなるメモリ。
ここの容量が大きいほど複数の作業を効率良くこなせます。

容量 用途
4GB オフィスソフト利用、ネットサーフィン
8GB 複数のブラウザ・ソフトを開く
16GB 画像 / 動画編集・作曲やゲーム等

・参考記事

メモリってどんなパーツ?
メモリはパソコンが処理をする際、一時的に情報を記憶しておく役割をします。メモリ(Memory=記憶) そのままの意味で、記録ではなく記憶をするパーツなんです。

・ストレージ
長期保存や大容量のデータを保管する場合「SSDよりもHDD」の方が
コストパフォーマンスに優れています。
どのような用途でパソコンを使いたいのか明確にすると、よりわかりやすくなるでしょう。
SSD+HDDの各ストレージを2種類搭載したパソコン」 もあるので、
動作を速くしたいソフトはSSDに入れ、その他のデータはHDDに入れるなど使い分けるのも
良いかもしません。

種類 メリット デメリット
SSD アクセス速度が速い
衝撃や振動に強い
同容量のHDDと比較すると高価
不調の前兆がなく突然故障してしまう
HDD 同容量のSSDと比較すると安価
大容量のデータ読み書きに向いている
動作音がする
アクセス速度がSSDより遅い

・参考記事

HDDとSSDって何が違うの?
パソコンのストレージには「HDD」と「SSD」がありますが単語だけでは違いってわからないですよね。HDDは大容量で安価・SSDは転送速度が速いが高価等メリット・デメリットがあります。しかし、うまく活用すればコストパフォーマンスの良いパソコンを作成・購入する事が出来ます!

・グラフィック
パソコンがディスプレイに映像を映し出すためにはグラフィック機能が必要不可欠です。
インターネット閲覧や動画視聴、オフィスソフトの作成程度であればオンボードグラフィックでも
問題ありませんが、動画編集やゲーム・高度な映像処理をしたい場合
グラフィックボード搭載商品をオススメします。

種類 メリット デメリット
オンボードグラフィック
(IntelGraphics / Radeon VEGA)
消費電力を少なくできる
パソコン本体を小型化できる
ゲーム性能や動画編集能力が圧倒的に低い
メモリ共有で全体的な処理が遅くなる
グラフィックボード
(NVIDIA / RADEON)
オンボードグラフィックに
比べ性能が高い
高精細な映像が表示出来る
消費電力の増加

搭載されているグラフィックボードによってはオンボードグラフィックより僅かな性能アップとなっている物もあるので、利用予定のゲームやソフト等の推奨スペックを必ずご確認ください

・参考記事

グラフィックボードってどんなパーツ?
グラフィックボードとはディスプレイに画像や映像を映すための部品です。グラフィックボードの性能が良い程高精細な映像表示が出来るんです。また、複数の映像端子があるのでマルチディスプレイ構築時も好きな映像端子で接続出来るんですよ!

・サウンド
ー「内蔵」と記載されている場合
スピーカーが内蔵されているのでパソコン本体より音声が再生されます。

ー「なし」と記載されている場合
スピーカーは非搭載の為、別途外付けスピーカーが必要となります。

搭載されているスピーカーはあくまで音声が再生されれば良い程度の物なので
音質を求められる場合USB接続対応の外部スピーカーをご利用ください。

・参考記事

HDMI、DVI、USBってなに?接続に使う端子まとめ
映像出力端子や、データ取り込み用等様々な端子が搭載されていますが、各端子ってどんな機能を持っているか知りたくないですか?搭載機能を知る事でよりパソコンも使いやすくなると思います!

・ドライブ
搭載しているドライブにより、読込は出来ても書込が出来ない事があります。
利用用途に応じて商品を選びましょう。

対応表 CD読込 CD書込 DVD読込 DVD書込 BD読込 BD書込
DVD-ROM
スーパーマルチ
BD-RE
BD-ROM

・ネットワーク
パソコンでインターネットを利用する際の接続方法として「有線LAN接続 / 無線LAN接続」が
あります。何気なく見ている動画やサイトもネットワークに接続されていなければ
閲覧すら出来ません。
事前にインターネットプロバイダーと契約をしてインターネット環境が整っていることが
大前提ですが商品によって搭載されているインターフェイスが異なるので注意が必要です。

対応表 有線 無線
有線LAN
無線LAN
有線LAN,無線LAN
有線LAN,USB無線LANアダプタ

無線LAN接続時はルーターに記載されたSSIDが、接続したいパソコンに表示されているかを確認します。
また、
接続時はSSIDに対し設定されたパスワードの入力が必要となります。
ネットワークはお客様環境下に依存する為、お問い合わせいただいてもご回答出来かねます。

・インターフェイス
本体に搭載されている機能を表記しています。
WEBカメラやBlueTooth、外部映像出力端子等搭載している機能を記載しています。

本体に搭載されていてもインターフェイス欄に記載が無い場合、動作は未確認です。

・OS
本体に導入されているOSを記載しています。
Windows10や11、mac OSなどありますが
使いたいソフトや使用目的に応じ選択しましょう。

・参考記事

パソコンのOSとは?OSの種類と自分のパソコンのOSの調べ方
OSとはオペレーティングシステム(Operating System)の略でパソコンを操作したり、アプリを使ったりするための土台となるソフトウェアで基本ソフトウェアと呼ばれる事もあります。OSの仕事は「端末全体を管理・制御」することです。

・画面サイズ(解像度)
タブレット・ノートパソコン・液晶一体型デスク等のインチ数や解像度を表記しております。
ノートパソコンの場合、持ち運びしたい場合は ~14インチを
据え置き機として使用したい場合      15.6インチ~を
目安にお選びいただければと思います。

・参考記事

フルHDや4Kって何?ディスプレイの解像度や機能について解説
解像度とは「ディスプレイの横と縦にどのぐらいのマス・区画」があるかということです。ディスプレイのスペック表に「 フルHDやWQHD 」等と記載されているのを目にした事は ありませんか?中には「4K」等テレビと同じような記載がされている物もありますよね。

・付属品
販売商品に対し付属する物を記載しております。

記載のない付属品に関しては付属しません。
オフィスソフトやリカバリDISC等も記載がない限り付属しておりません事ご注意ください。

・その他
購入にあたり、ご注意いただきたい点を記載しておりますので
記載があります場合必ずご確認ください。

・メーカー発売日
メーカーより発売が開始された年を記載しております。

製造年ではありませんので、製造年月をお問い合わせいただきましてもお答えできかねます。

・サイズ
商品の寸法を記載しております。
設置スペースの目安としてご参考ください。

・重量
商品の重量を記載しております。
ACアダプターやケーブル類等は含まず本体のみの重量となります。

▽外観や動作について
商品のアピールポイント、外観状態、動作状態等記載しております。

・商品説明
商品のアピールポイントを記載しております。

・外観説明
商品の外観状態を記載しております。

・動作説明
商品の動作状態を記載しております。

状態は商品毎に異なります為、必ずご購入前にご一読ください。

オフィスソフトについて

商品名にオフィスソフトに関する記載が無い場合や、サービスとして提供していない場合
原則付属しておりません

自社PC-WRAPサイト限定となりますが、Windows OS導入済パソコンに限り
「WPS OFFICE 2」と呼ばれるマイクロソフト社オフィスと非常に互換性の高い
オフィスソフト
無料付帯しております。
楽天市場等ECモール経由でのご注文の場合、無料付帯はございません。

・WPS OFFICE2とは(こちらから)
ジャンク・訳あり・液晶モニター・Windows 10 OS以外には付属しません

・MICROSOFT OFFICEをご希望の場合
商品ページ下部にあります「メモリー増設済・Office付属モデルの関連商品」より
ご希望のOFFICEソフトが搭載されております商品をご購入ください。

※MICROSOFT OFFICEの種類について
・Personal
→WORD(文書作成) , EXCEL(表計算) , OUTLOOK(メールソフト)
・Home&Business
→WORD(文書作成) , EXCEL(表計算) , OUTLOOK(メールソフト)
PowerPoint(プレゼンテーション資料作成),Onenote(デジタルノート)

MICROSOFT OFFICE2019につきましては使用にあたりマイクロソフトアカウントとの
関連付けが必要となります為、MICROSOFTアカウントをお持ちで無い場合お客様側にて
アカウント作成が必要となります。

OFFICEソフトの年代により上記アプリケーションが入っていない場合もございます事ご注意ください。

条件別関連商品情報

・同CPU商品
ご覧いただいている商品と同CPUランク(Corei5等)の商品が表示されます。

・同ストレージ商品
ご覧いただいている商品と同ストレージ(容量)の商品が表示されます。

・同メモリー容量商品
ご覧いただいている商品と同メモリ(容量)の商品が表示されます。

その他

・よく一緒に購入されている追加オプション
WEBカメラやキーボード等周辺機器も販売しております。

スタートガイドブック


パソコン購入が初めての方も安心♪スタートガイドブックを作成致しました!
パソコン本体とモニターとの接続方法を始めインターネットの接続方法等
購入時につまずきやすい点をわかりやすく紹介しています♪

ジャンク・訳あり・液晶モニタ・Windows 10以外のOSの商品には付属しません。

まとめ

今回は商品スペックの見方についてご紹介しましたがいかがでしたか?
店舗によっては知りたいスペックが載っておらず、記載されているとしても
専門用語ばかりで用語に対する解説ページが無かったり…。

・ソフトやアプリを使用されたい場合。
ソフト・アプリによって必要とするスペックが異なりますので、
必ずソフトメーカーが推奨している【 スペックを確認】しましょう。
いざ買ったけど…スペックが足りず動かない…なんて事もあります。

また、中古パソコンについてより知っていただく為に「Q&A」を纏めましたので
宜しければご覧いただければと思います。

・はじめての方へ
中古パソコンってどんなもの?

当店では出来る限り解りやすい表記を心がけておりますが、
「専門スタッフへ直接相談したい・このメーカーはどうなの?」等
お電話・メールでもお問い合わせを受け付けております。

パソコンは勿論、タブレットも持っておくと凄く便利で楽しいものです。
1人でも多くの方にPC-WRAPのパソコンを使っていただければと思ってます。

長期3年保証!商品到着後1週間であれば返品可能なお気楽返品サービスでお馴染み!
中古パソコンショップPC-WRAPはこちらから!

タイトルとURLをコピーしました